相続が開始されると、次の大きな問題は『遺言書』の有無により、遺産相続の決め方が異なります。

 『遺言書』が残されている場合は、基本的に被相続人の最後の意思が尊重されます。『遺言書』の通りの相続手続きを進めることになり、遺言執行者が指定されている場合は、『遺言書』の検認、開封以降の手続きは、遺言執行者が責任を持って進めることとなります。遺言執行者が指定されていない場合は、相続人の合意で遺言執行者を選任することが出来ます。

Comments are closed

コンサルティングの相談・見積依頼




    「相続のポイント」+最新情報