管理規約改正の必要性

 マンションの管理規約は全ての住民が快適に生活できるように、区分所有法に基づいて建物の使い方や権利のルールなどを定めたものです。

 
 マンションの分譲時に管理会社が中心になり作成しています。

 時代の変化に伴う生活様式の移り変わりにより管理組合は適宜、規約内容を見直し改正する必要があります。あるいは管理会社に任せっきりにしている場合は管理会社に有利な規約になっていないか見直すことも必要です。

マンション標準管理規約及びコメント

 平成16年国交省は中高層共同住宅標準管理規約を改正し「マンション標準管理規約及びコメント」を公表しました。その後も平成23、28、29年と改正を行っています。

 例えば平成29年の改正では住宅宿泊業をめぐるトラブルを防止するために「住宅宿泊業を許容するか否かを規約上明確にしておくことが望ましい」としています。

 生活を取り巻く環境の急速な変化と度重なる法令の改正により今まで以上に管理規約の見直しを適宜行う必要性が高まっています。

グッドプランナーズでは、 ☆マンション管理規約改正サポート サポートプランも提案させていただいております。

グッドプランナーズマンション管理士事務所のマンション管理規約改正サポート
Sponsored Link

コンサルティングの相談・見積依頼



    コンサルティング事例+最新情報