「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」に直面する前の備え。

   親から子供たちへの相続・資産承継は、誰もがイメージしていなければならないことです。

  

   しかしながら、実際には毎日の暮らしや会社運営、資産管理に追われ、計画的な「資産承継」はされていらっしゃらない方がほとんどではないでしょうか?

   

   やがて年を重ね、ご自身が、あるいはご家族が、痴呆症の兆候が感じられた時、初めて「家族信託」「成年後見制度」「任意後見制度」「生前贈与」とかの問題に直面すのが、現実と思われます。

Comments are closed

コンサルティングの相談・見積依頼




    「相続のポイント」+最新情報