『テレビ』や『雑誌』、『インターネット』では、自ら蓄えた財産を相続問題が起きないようにするためには、『遺言書』を残して置くことが、残された家族、この場合は相続人のために必要です。・・・とか『遺言書』に関する記事が多く見 […]
相続の開始と共に、3カ月以内に決めなければいけないことが、「相続」「限定相続(限定承認)」「相続放棄」の判断です。特に、この期間内に手続きを行わないと、相続したと見做されてしまう事の注意する必要があります。   […]
相続の開始と共に、3カ月以内に決めなければいけないことが、「相続」「限定相続(限定承認)」「相続放棄」の判断です。  特に、この期間内に「限定相続(限定承認)」「相続放棄」の手続きを行わないと、相続したと見做されてしまう […]
相続する不動産評価額の算出について  相続財産の中に不動産が含まれている場合、遺産の分割協議を行う時や、相続財産が非課税額を超える場合には、金融資産の総額を集計するとともに不動産の評価額を計算する必要がでてきます。相続税 […]
遺言書の大切さ 相続人にとって「遺言書があれば良かった」と思われるケースは意外と多いようです。それは、遺産相続をする場合には遺言書があれば遺言書に沿って遺産分割が執行されますが、遺言書が無い場合には相続人全員で遺産分割協 […]
金融資産の可視化の勧め  親御さんが亡くなった後に、亡くなられた方の金融資産の整理をする中で、銀行預金や生命保険等の金融資産がどこに、どれくらいあるのか、分からなくて困ったという話しを時々耳にします。    金融資産には […]
どうする?いらない土地の相続  地方に一人で住んでいる親御さんが亡くなり、相続が発生した時に相続財産の中に住む予定もない自分にとって不要な土地が含まれる場合もあります。都心に生活の拠点がある相続人にとって、田舎の土地の相 […]
相続時の『小規模宅地等の評価減の特例』の活用について 相続税は、亡くなった方(被相続人)が所有していた財産(相続財産)の評価額が基礎控除額を超える場合に課税されます。基礎控除額の計算法は3,000万円+(600万円×法定 […]
二次相続って知っていますか? 一般的に相続税の問題は父母の死亡にともない生じます。父母が亡くなった時にその都度、相続が起きることになります。この2度の相続のうち、1度目を「一次相続」、2度目を「二次相続」といいます。 一 […]
どうする?音信不通だった親が亡くなったら借金取りが来た! ある日突然、何年間も音信不通だった父親が亡くなったと警察から連絡があり、あわただしく葬儀や事後処理などを終えて3か月が過ぎたころに、またある日突然、亡くなった父親 […]
「相続のポイント」+最新情報