将来に備えた「資産継承」の選択肢。  グッドプランナーズは、専門家と連携した相続・資産承継のコンサルティング・サポートサービスの提供し、直面する問題可決をサポートさせていただきます。  また、将来に備えた「資産継承」の選 […]
『行政書士』『3級ファイナンシャル技能士』『賃貸不動産経営管理士』が提案します。  『テレビ』や『雑誌』、『インターネット』では、自ら蓄えた財産を相続問題が起きないようにするためには、『遺言書』を残して置くことが、残され […]
相続人の協議による遺産分割協議書  次は、『遺言書』が残されていない場合、相続人の協議により、遺産分割協議書をまとめ、この相続人の合意に基づいて、相続が進められます。  いずれの場合も、相続手続きを進めるためには、「相続 […]
具体的な手続きをサポート ご相談者の意思が決められたところから、行政書士が「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」など、具体的な手続きをサポートさせていただきます。  公正証書遺言の場合、原本は公証役場に保管されるので、所定の […]
自分の気持ちを残す『遺言書』づくりに時間。  これまで相続相談を受けてきた中で、もっとも時間をかけてご相談させていただいた事例の一つは、土地と建物等の固定資産が一つの場合です。ご家族が「妻」と「子供」の場合は、何らかの形 […]
思わぬ争いが生じている事例が少なくない  この場合、遺言書作成段階から、ご家族でご相談いただくことも選択肢の一つとなります。何故かと言えば、『遺言書』を残したとしても、民法で定める法定相続人の相続財産の1/2は、遺留分と […]
ご相談者の意思が決められたところから、行政書士が「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」など、具体的な手続きをサポートさせていただきます。  公正証書遺言の場合、原本は公証役場に保管されるので、所定の手続を踏めば、どこの公証役 […]
『テレビ』や『雑誌』、『インターネット』では、自ら蓄えた財産を相続問題が起きないようにするためには、『遺言書』を残して置くことが、残された家族、この場合は相続人のために必要です。・・・とか『遺言書』に関する記事が多く見ら […]
 相続が開始されると、次の大きな問題は『遺言書』の有無により、遺産相続の決め方が異なります。  『遺言書』が残されている場合は、基本的に被相続人の最後の意思が尊重されます。『遺言書』の通りの相続手続きを進めることになり、 […]
『遺言書』に自分の気持ちとして残すためのコンサルティング 『テレビ』や『雑誌』、『インターネット』では、自ら蓄えた財産を相続問題が起きないようにするためには、『遺言書』を残して置くことが、残された家族、この場合は相続人の […]
「相続のポイント」+最新情報